読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生団体Realize の読書録

毎月4冊以上読んでるRealize運営陣の読書アウトプット!

あなた色の人生。だから、毎日をていねいに生きよう。

こんにちは。今回の読書ブログを担当させてもらいますハルカです*

 

今回紹介させていただく本は私の宝本の一つです。大切な人から大切な日にプレゼントしてもらった、私の心をあっためてくれる本なんです。

そんな陽だまりのような本を、ちょっとだけあなたにオスソワケさせてください*

 

 

「あなたは大人ですか?」

 

いつの間にか、表面的に、強制的に大人になった私たちには、

あたりまえ”がどんどん付きまとってきますよね。

 

繰り返される毎日は、

なんとなくやらなければいけない仕事。

なんだかやる気が出ない朝。でも過ぎていく時間。

人との薄い関わり…

世の中って、面倒なトコロがたくさん。

 

そんな風に大人の顔で生きることに慣れてしまうと、私たちの過ごす日々は、

私たちの“面倒=ただの繰り返し”になってしまいます。

 

「まぁこのくらいでいいかな…。」

           「どうせ、また同じなんだろう。」

 

あなたは、毎日を馴れ合いでこなし、すべてを受け流してしまってはいませんか?

心が“あたりまえ”でカチカチに固まってはいませんか?

 

 

思い出してみましょう。

あなたは子供のころ、どんなコトを大人に質問しましたか?

 

リンゴはなんでリンゴっていうの!?

  そらは青いのに、なんで雲は白いの?

     ママってなんでそんなに強いの?

きっと今は質問される側ですよね。

私はどちらかというと、聞くこともしていたけど、たくさんの事を自分で創造していたみたいです。だから昔のノートを見ると創作漢字がたくさん…(笑)

 

想像してみると、「どうして?」を考えるのって、なんだか難しいですね。

いつからでしょう。こんなに心が凝り固まってしまったのは。

 

 

この本では、

人生で私たちが毎日出会うコト、

あいさつ、感謝、人との関わり、自分自身のコト…

そんな些細だけどかけがえのない瞬間“あたりまえ”を、とっても大切にするコツが詰まっています。

 

作者は、

「子供の頃は尋ねていた答えを、

自分自身で探したら無限な発見があるでしょう。」といいます。

「目に見えない部分を初々しく保つ-これが新鮮に生きていく方法。」と。

 

 

あなたの人生は、いつでもあなたが一番近くで見つめる事ができます。

 

毎日の「おはよう。」

いつも使っている靴をきれいに洗ってみる。

いつもより早く起きて、駅までゆっくり歩いてみる。

 

人生の、その一瞬を、かけがえのない瞬間にしてみてはどうですか?

 

あなたのいくつもの今日を、ていねいに。

  

今日もていねいに。 (PHP文庫)

今日もていねいに。 (PHP文庫)